« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月12日

●Generic Host Process for Win32 Services の強烈なエラー

起動するたびにGeneric Host Process for Win32 Servicesのエラーが出て、ネットワークドライブや社内サーバーにまったくつながらなくなるエラーが発生するようになっていました。

調べてたら、コレで解決した。

窓際プログラマーの独り言:Generic Host Process for Win32 Services
http://blog.livedoor.jp/gushwell/archives/23960005.html

から、

コンピュータの起動後にエラー メッセージ "Generic Host Process" が表示される、または DBCS の添付ファイル名がリッチ テキスト形式の電子メール メッセージに表示されない
http://support.microsoft.com/kb/894391/JA/

でパッチあてて解決。メールソフトのエラーじゃないんだけどね。治ればよいです。

ただ、エラーの間、セキュリティソフトがえらい頻繁に更新されたので、それが悪さしてたかしれないけどね。俺が開発者ならそういうことやってしまいそうだ。焦って。

以下も役に立ったけど、対処法が重過ぎて、しかもちょっと外れてたときの後戻りが難しそうなのでやめました。

パソコントラブル出張修理・サポート日記: Generic Host Process for win32 services のエラー。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2005/06/generic_host_pr_ba76.html

スキルアップ!セキュリティ対策 | Generic Host Process for WIN32 Services
http://policy.jugem.cc/?eid=203

とりあえず。

こういうのが調べられるのはとてもありがたい。

もうひとつ。

最近、出先を飛び回る機会が多くて、接続環境がその都度変わるわけだけど、ネットワークドライブの接続がタスクに出てくる直前あたりでなんかすごく重かった気もする。2分くらい、デスクトップにおいた少量のフォルダ類がレンダリングされる途中で止まった感じになる。

ただ、これは上記のGeneric Host Process for Win32 Servicesエラーのせいではないかも。

今日の時点で、まだ直んないけどね。

ハードディスクがおかしいとかはないので、時間があれば直そう。

むむー。

●魂

東京トイボックス第1巻より。

 「魂合っています」

・・・。

ひ、響いた。ていうか泣けた。

どこでも買えなくてAmazonで買ってよかったよ。大東京トイボックス。

仕事や技術習得でなかなか思うように進まないこともあるけど、がんばろうという気持ちを新たにしました。停滞ではないのだ、タメなんだ。少なくとも、魂は合っている。

 「夢と希望の次の武器は努力と根性」

うはー。いいねー。もうそれしかねえもん。

----

とりあえず、今日はWiiボクシング6連勝。

マット師匠に負けたけど、だいぶ勘が戻ってきた。ウィービングのキレが戻ってきた。

燃えろ俺。奔れ俺。

●秘剣

やばい。藤沢周平に久々に手を出してしまった。武士の一分の原作が入っていると言われる「隠し剣秋風抄」と「隠し剣孤影抄」。

かっこよすぎ。普段がナヨナヨしい感じだけに、秘剣を使うときがズッシリと重みが出る。もうね、電車で読んでいるときに何度鼻血が出そうになったことか。卒倒ものですよ。

ただ、学生のときに読んだときよりも、すごく重ね合わせられる気がした。もしかしたら、自由なように見えて案外大変なところとかは社会人になったときのほうがリンク性が高いのかもしれない。なんか、こう武士ってフリーランスなところもあるよね。ま、基本的にサラリーマンと比喩されることが多いけど。

冒頭の奔放剣は造語。こんなん文中にはありません。

ほんとは「奔放剣 浮裸朱(ほんぽうけん ふらっしゅ)」とタイトルに行きたかったけれど、あまりに藤沢さんに申し訳ないのでやめました。

でも、無駄に考えました。

「奔放」はフリーランスの意。自由だとちょっと違う感じだったので。

エンタテイメントっぽい響きの「浮」。

一部で認知されつつある露出狂友の会(Flash遣い若手の集まり)で「裸」。

Flashのイメージカラー「朱」。

案外書き終わったらメラメラと燃え滾るものが。こっそり、心に秘しておきます。

夜の呼気が深まる丑三つ時、そんなことを思いふけるのです。

2007年04月10日

●ローカルFLV→ストリーミングFLV

年末にサーバーに直置きのローカルFLVで再生するflvプレイヤーを納品したのですが、それがアクセスが多くなりサーバーに負荷をかけてしまったようです。

で、最近になって負荷分散を目的とし、某J社のFlashMediaServerによるストリーミングへ移行する運びとなり、合間でチクチク作業してました。

まず、前回のものはローカルFLVなんで

 ・NetStream.bytesLoaded と NetStream.bytesTotal でロード監視
 ・上記の数値で適宜に擬似ストリーミング。
 ・NetStream.timeでスライダーも動かせる仕様。
 ・音量はattachVideoしたインスタンスのSound.setVolumeでon/off調整。
 ・ビデオ終了や再生は、NetStream.timeの変化で検出。
 ・ビデオ自体の総時間はonMetaDataで取得

という感じでした。

で、実際、クライアント様が借りた某J社のFlashMediaSeverに合わせて移植するんです。

参考にしたのはコレ。

heteml | FLV ストリーム配信設定マニュアル
http://heteml.jp/support/manual/flv/

もちろん、そのまま流用はしないけど。

今回だけじゃなく簡単なflv接続テストには使ってます。

で、結果。

案外スムーズに移植が行ったかな。

ただ、変わったことといえば2つ。

一番はNetStream.bytesLoaded と NetStream.bytesTotal でロード監視ってのを、undefinedで取れなくなってしまったので、FlashMediaServerから勝手に通知される「再生しろ」っていう命令に任せるようにしました。ストリーミングの性質上、切り刻んでデータを渡すわけで、読み込み中のバイト数や全体のバイト数なんてのは意識してないだろうからね。

つまり、ここもNetStream.timeの変化に頼ったってこと。前フレームの再生時間(NetStream.time)と現フレームで変化があれば、ロード完了で再生中。

あと、スライダーが動かせる機能は操作できないようにしました。NetStream.timeをしっかりたたくものの、移動後に読み込んでいるのか映像のレスポンスが悪かったので。佳境でなければ原因究明するんだけどね。いつかうまく行くようにしないとな。

これもストリーミングの性質上しかたないんでしょう。たしかにWindowsMediaServerでストリーミング中にもスライダー移動すると33% 56% 88% 99% みたいな待ちが生じるもんね。

あと、ストリーミングFLVの音部分のSoundオブジェクトがどこに言ったのがわからなくなった。on/offがどうにもうまくいかない。attachVideoされたインスタンスにSoundオブジェクトないんかい。結局、new Sound( _root ) でやったらうまく行った。( _root )ならば無記名な()でもいいんだろうな。

あとは、微調整はあれど以前の挙動でちゃんといったかな。

だいたい半日くらいの実装で収まってくれてよかったです。

2007年04月04日

●Window

住所部分のプリントが簡単になりそうな封筒は・・・!

「窓付封筒」

http://www.askul.co.jp/s/01/0105/0105001/01050010018/1/1/20/0/

いまは無印良品のA4三つ折サイズ(長3)がイイ風合いなので使っているんだけど、直接印刷してこだわりすぎてしまってる。出先に多いレーザープリンタではプリントできないし、インクジェットでも各プリンタの微妙な特性に合わせないとずれるし。シートフィードも定型A4以外の偏りのあるサイズの吸い込みには向いてないようだしさ。

これだと、後で切ることになるにせよA4で出せるからいいんだよね。どうせ切るからガイドの内側で切ればいいんだよね。

ちょっと魅力的です。

2007年04月02日

●プログラムのスキルアップの1手法

最近、システム開発主軸のところのフロントとしてWeb制作にかかわっています。これは実は2年ぶりのことでちょっと緊張です。とはいえ、システムに携わる方々の美しいプログラム解法の世界に日々驚かされています。ホントみんな頭いいと思う。僕もがんばらねばともう。

そんな中でちょっとライフゲームの話が出て1KBにも満たないバイト数で書く超絶ASの話題が出てて久々にそのキーワードで探してみた。

続きを読む "プログラムのスキルアップの1手法"
2007年04月01日

●端くれ君ではあるわけで

私もなんだかんだで端くれ君というかかなりステルスモードに起業というキーワードに引っかかるし、ほんと先賢の方々には頭、上がらないですハイ。

そして、Web業界で生かしていただいている身(最近は敢えてこう表現して身を引き締めています)として、非常に興味深いエントリーを発見。

日本社会で起業するため本当に必要な9つのモノ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070331_business_real/

目次は以下のとおり

続きを読む "端くれ君ではあるわけで"